BODYSTOICshizuokaのブログ

BODY STOIC静岡のトレーナーから皆様へ たくさんの経験からダイエット・トレーニングに関する情報をご提供致します。また競輪選手時代の裏話も🤩 たくさんの方にBODY STOIC静岡の良さ、パーソナルトレーニングの良さをお伝え致します。

3ヶ月目の減量

bodystoic-shizuoka.com

f:id:BODYSTOICshizuoka:20210803153707j:image

(減量明けの肩!血管が走りました)

Bodystoic静岡パーソナルトレーナーの片寄です。

今日は昨日の続きを書いていこうと思います。参考程度にお読み下さい。

減量を開始して2ヶ月を過ぎたあたりから体重、体脂肪共に変化がなくなってきてどうしようか迷っていました。そこで初めて行う減量方法【ケトジェニック】をしようと決めました。

ケトジェニックとは、炭水化物をほぼ摂らず、脂質とタンパク質だけで食事をする事です。脂質の割合は60〜70%に設定して炭水化物を30〜40%に設定しました。ここで、ケトジェニックをやるにあたってまず大切になるのが【脂質】です。初めてやる方などはまず脂質を摂らなさ過ぎで失敗します。筆者は朝から牛肩ロースのステーキを200〜250g食べてチーズを食べて卵を3個程度食べていました。ここで炭水化物は一切摂らないです。脂質をエネルギーにして体を動かすからです。

メリットとしては、脂質を気にしなくて食べるものが結構あるという事です。チーズ、豚バラ、豚ヒレ、牛肩ロース、鳥モモ肉など脂肪を含むタンパク質が多い事。それに乳製品でチーズやヨーグルトなども食べていました。脂質が足りないときはアマニ油やmctオイルなどをプラスして摂っていました。脂質を取るのでかなりの腹持ちがしますが、炭水化物でエネルギーを摂らないので少しフラつきや頭が働かない事も多かったです。トレーニング中もBCAAやEAAなどを摂って凌いでいました。

ケトジェニックの特徴としましては炭水化物を取らないので、エネルギーを体脂肪から作り出します。肝臓にグリコーゲンが枯渇してるので優先的に体脂肪が燃やされますが、体力や気力は少し劣ります。そのため、体重の落ちも体脂肪の落ち方も早いです。実体験ではローファットで緩く落とすよりも、早く体重や体脂肪を落としたい場合に行うと良いかなと思います。そして、エネルギーがない分トレーニング中に少しボーッとする事もありますのケトジェニックを行う方は気をつけて行って下さい。

3ヶ月目に入り、体重も更に落ちてマイナス10キロまで行きました。ここで、体脂肪だけを落としながら筋量をキープする事が出来ている事が分かりました。やはり減量を行うとある程度筋肉は落ちますが、トレーニングを行う事で筋量をキープする事は可能です。

減量もダイエットもそうですが、まずは食事の記入からスタートすると上手くいくと思います。日頃から自分が何を食べて、どの程度食事に関して勉強してるかなどを知る機会です。まずは自分の食べている物を把握してそこからPFCなどを出して食事をしてもいいと思います。

 

明日のブログでは追加で行った減量1ヶ月の最後のお話を書いていこうと思います。その時の心境や食べたい欲求などどの程度あったのか。心理状態なども書いていこうと思います。

 

ワンポイントアドバイス☝️

夏場は汗をかきます💦塩分不足になり体がだるくなったり、食欲が減退したりします。そんなときは、塩分を少し多めに摂ると治ります😊

お味噌汁を少し多めに飲んだり、岩塩やあら塩などをお水に少し入れて飲んだりしてもいいです☝️

辛い食べ物で胃酸を出してあげるのも有効ですね💪夏場に辛いものは合っているという事ですね😁

汗をかいて体の代謝をあげてしっかりと水分補給をしましょう🔥

f:id:BODYSTOICshizuoka:20210803153735j:image

最近やんちゃすぎて怒られてます笑

すぐに逃げるしソファーの下に隠れるしお天馬で大変です🤣

減量1〜2ヶ月のお話

bodystoic-shizuoka.com

f:id:BODYSTOICshizuoka:20210802162309j:image

(減量開始から1.5ヶ月目のお腹)

 Bodystoic静岡パーソナルトレーナーの片寄です。

8月1日に4ヶ月間の減量を重量しました。ここで感じた事ややってみてどうだったなのかを書いていこうと思います。

事の発端は、このブログでも書いたとおり

『お腹の上に脂肪がなっていた事』 

から始まりました。4月から緩く減量をしようと思い、目標を6月30日までの設定にしていました。当初はローファット(脂質制限)で行っていましたが、記録や食べた物などはあまり記入せずに行ってました。減量は何回もしてきてましたので、感覚や経験で出来ると思いそこまで真剣に取り組むこともありませんでした。(今思えば無謀だったかなと)

その経験などを頼りに、やって来ましたが最初の1ヶ月で、マイナス5キロ程度落とす事が出来ました。ここまでは現役時代でもやっていた事だったのである程度は簡単に落とせました。1ヶ月で98→93キロになりこのままいけば簡単に落ちていくと思ってました。SNSなどでフィジークやボディビルの大会に出る方などをよく目にしていたので、こんな感じの体になったらいいなぁ、とまた漠然な感じで行っていました。そして2ヶ月目に入り、体重も体脂肪も全く変化なくなりました。ここで今までの経験が役に立たない事が分かりました。

減量(ダイエット)は体から体脂肪だけを落とす事が大切になります。筋肉も落とす事が出来ればある程度食べる量を抑えて、ランニングをすれば簡単に体脂肪も筋肉も落とせます。ですが、ボディメイクをするのには筋肉量をしっかりと維持して体型だけを変えていく事が大切になります。ジムにも体組成計の体重計がありますが、あまり乗らなかったです。それは、数字で左右されるより見た目を良くすればそれで良いからです。あくまでも体組成計は『目安』でしかありません。その目安で一喜一憂してたらストレスが溜まり、またたくさん食べてしまうかもしれませんからね。

ここでやっと食事の記録に手を伸ばしました。

毎日何を食べたか?

キロカロリー食べたのか?

運動はどの程度したのか?

1回の食事でのカロリーは?

など分かる範囲でしっかりと記録して自分に必要なカロリーの目安をつくりました。筆者は1日に4000〜4500kcal程度消費します。そこで摂取カロリーを3000kcalに設定しました。勿論、これは目安です。上下する事もありましたが、大体この摂取カロリーを守ってやってみました。食事を記録してみて分かったことは意外と食べているという事。自分ではアンダーカロリーだと思って食べていた物も、全てアプリで管理をしてみて分かりました。食事の管理をしてからここから体重や体脂肪に変化が現れました。2ヶ月を過ぎたあたりから少しづつ体重も落ちて来ました。2ヶ月が終わる頃には、マイナス8キロまで落とす事が出来ました。減量している方からしたら大した事ではないですが、筆者にしたら今までの経験では無い事でしたからなかなか難しい事でした。

そして食欲も結構あり、食べる事を少し我慢する事も大変でした。カロリーが足りないとやはりお腹は空きますが、それでも空腹ではなかったのでなんとか耐える事が出来ました。

そして、ここから3ヶ月目に入ります。

それはまた次回のブログで書いていこうと思います。

 

f:id:BODYSTOICshizuoka:20210802195511j:image

レーニングは継続です💪

やればやっただけ返ってきます☝️

 

ドーピング問題


bodystoic-shizuoka.com

f:id:BODYSTOICshizuoka:20210801170332j:image

Bodystoic静岡パーソナルトレーナーの片寄です。

今日は一日お休みして菊川市で開かれたボディビル(JBBF)の大会の観戦に行ってきました。仕事柄、体作りをしているので、ボディビルの雰囲気や選手の状態など視察を兼ねて行ってきました。

ベストボディジャパン(BBJ)は何度か見に行きましたが、今回はJBBFの大会でしっかりとドーピング検査も行われる大会でした。昨今のトレーニーでも話題に上がるドーピング問題。アナボリックステロイドや経口の錠剤などを使って早く筋肉をつける事のできる魔法の薬です。

アナボリックステロイドには、軽いものから重いものまでいくつもの種類があります。共通しているのは、男性ホルモン(テストステロン)の同位体であり、アミノ酸からタンパク質を合成するタンパク同化作用があるところです。

現在では、飲むだけで筋肥大する食品や成分はありません。筋肉合成のスイッチを入れるには、速筋線維に刺激を与えるレジスタンストレーニングをする方法しかありません。

ところがトレーニングはエネルギーを使う行為で、筋肉分解もしてしまいます。それを抑えるためにトレーニーはカーボを摂ったり、合成を促すサプリメントを飲んだりします。

そのサプリメントの数倍もの勢いで筋タンパクの合成を進めるのがタンパク同化薬であるアナボリックステロイドです。もちろんこれも筋トレと組み合わせなければ意味はありません。本来大きくなりすぎないようにできている人のカラダを無理やり巨大化させる薬なので、当然カラダへの負担は大きいです。

何かしらの競技団体に属して大会に出場するなら、アナボリックステロイドを含む禁止薬物には常に目を光らせておくべきです。なぜなら使用が発覚した瞬間に大会への出場停止、罰金を科せられる場合もあるためです。

日本ボディビル・フィットネス連盟(JBBF)が主催する大会では、全国大会はもちろん地方大会でもドーピング検査を行っています。

アナボリックステロイドを使用するとこれだけの副作用があげられます。

肝障害、肝臓癌、前立腺癌、高コレステロール血症、高血圧症、心筋梗塞、糖尿病、睡眠時無呼吸症候群、性腺刺激ホルモン分泌低下性性機能低下症、体液性免疫異常、ニキビ、筋断裂、毛髪の消失、しゃがれ声化あるいは金切り声化など。
多毛症:顔、乳首の間、背中、肩、大腿の裏、臍下、殿部などといった、体毛が少ない部分への異常な出現。
精神的症状:鬱病的症状、妄想、気分変動の激化、パラノイア、苛立ち。
行動変化:攻撃性や突発的な暴力衝動の発現。
使用者が男性の場合:『女性化』 乳房の女性化、すなわち男性の乳房発育。声の高音化、睾丸の萎縮、無精子症(すなわち精液中の精子の減少)、前立腺の肥大、可逆性の生殖不能症。

これだけの副作用がある為、人体に多大な被害を被ります。安易に海外のサプリメントなどを使わずアンチドーピングを謳っているサプリメント(国内製品)などを使ってドーピングにならないように気をつけましょう。

今回のJBBFの大会では皆様、素晴らしい体の方たちばかりでした。ステージで一番輝く人もいれば、そうでなかった人もいました。その姿を見て今後、筆者も更に体作りに専念しようと決めました。

大会に参加された選手の皆様本当にお疲れ様でした。

f:id:BODYSTOICshizuoka:20210801171856j:image

この体では戦えないと感じた日でした笑

(大会には出ません)

これからは誰からも『凄い』と言われる体作りをしていきます!

 

JBBF 静岡大会

bodystoic-shizuoka.com

f:id:BODYSTOICshizuoka:20210729170247j:image

BODY STOIC静岡 女性トレーナーのTamiです。

今週末は少しトレーナーの仕事を抑えて(片寄トレーナーにお任せして)ボディーカラーリングのお仕事をします。

以前もお話ししましたが、日サロより身体に良く、引き締め効果のあるカラーリングです。もちろん引き締めは色により視覚的にという意味です。

日本ではまだ浸透は薄いですが、海外では普通にやっています。

結婚式のブライズメイトとして出席する際に、ドレスに映える肌色にしたりとイベントで自分の肌色を変えることがあります。

日本人は基本的に日焼けが苦手な人種。シミ・そばかすなんで見つけた時には雄叫びが出ることでしょう(笑)

 

話はそれましたが、今週末にJBBFの大会が静岡県菊川市であります。

それに出場する方のカラーリングをSoi Zeal(ソイ・ジール)さんで行います。カラー材のチョイスは出場者によりますが、皆さん黒くなる色を選んでます。カラーリングは肌の角質に入り、カラーリング当日は保湿禁止。カラー剤塗布後は6時間は乾燥が必要なため、お風呂も禁止です。

少し定着するのに時間がかかりますが、そうすることで色がしっかり肌に馴染むようになります。

カラーリングはコンテストに出場者の最後の仕上げです。

そのため、特に男性については最後の身体の状態になるため、フラフラな方が多いです。そんな極限まで身体を絞っていると思うとこちらも責任重大です。

そんな状況で、今週末はたくさんの方にカラーリングを行います。

1人ずつでの施術はありますが、連続での施術は初めてなので師匠の足手まといにならないようにしっかり仕事してきます!

 

そして8/1(日)は大会の観戦に行きます。

私が担当した方の成績などきになりますし、みなさんの身体の状態を生で見たいと思います。

ここまでには相当な苦労があると思いますので、そんな思い感じつつ応援してきます。

 

ホクもようやく片寄家になりました

bodystoic-shizuoka.com

f:id:BODYSTOICshizuoka:20210730145553j:image

(3人でチュール食べてます)

 Bodystoic静岡パーソナルトレーナーの片寄です。

新入り『ホク』が来てから10日余がすぎました。来た当初はゲージに入れてフク、ハクの様子を見ながらストレスを与えないように慎重に接していました。ですが現在では、ゲージから飛び出てフク、ハクにやんちゃぶりを披露してる次第です!

フクに至ってはお姉さん的な存在になってきてホクに躾を教えたり、危ない場所にはいかなせないようにしてくれています。そんな躾に対してホクは全く意に返さず、やりたい放題やっています。先住猫は、縄張りや自分の寝床などを荒らされると嫌がると言いますが、まだ3ヶ月のホクにはそんな事は分からずお構いなしにフクやハクの寝床に寝ています。

そんな2人はどうしていいものか分からず仕方なしにホクに寝床を明け渡しています。

f:id:BODYSTOICshizuoka:20210730145623j:image

そんなやりたい放題のホクは、ハクのチュールまで奪うところまでいってます笑

怖いもの知らずなのか空気が読めないのか本当に自由奔放に過ごしてます。困っているのはフクとハクですね。毎日ホクに喧嘩を仕掛けられて、渋々相手している感じです。ゲージから出した途端に暴れまくる始末。女の子だから大人しいと思ってましたがそんな事はありません。ネズミのおもちゃを追いかけたり、フクの尻尾を追いかけ回したり、ハクがへそ天で寝てる所にダイブしたらと何でもかんでもやり倒してます。子猫の時から飼うのは初めてで、本当に毎日が戦争です。小さい体でキャットタワーを登ったり、フクに対して真っ向勝負を挑んで負けてもまた立ち向かう。本当に凄いパワーだと思います。

こうしてみてると、子供だからとか関係なくなんでもチャレンジして駄目とわかる事も良い事だと思います。ホクをみていると、負けてもまた同じように立ち向かうし負けてもへこたれない姿は見てて学ぶところがあります。

筋トレを継続していると、必ず壁がやってきます。体の変化のなさ、重量が停滞、モチベーションの低下など色々なことにぶち当たります。それでも継続して行わないといつまでも同じままです。トレーニングをしていて、挙げられない重量と分かっていてもそれに挑む姿勢が大切だと思います。

ホクが片寄家に来てから毎日が賑やかです。それに加えて、負けない気持ちを教わってます。小さい体で毎日フクやハクに挑んで負けてもまた挑む!この姿勢は見習いたいところですね。筆者もまだまだ弱い人間です。減量をしていますが毎日誘惑に負けそうになります。それでも気持ちを切らさず、最後までやり切る姿勢を貫いてます。食べてしまったらその分動けばチャラ!

減量も最終2日になりました。

これから最後まで気を引き締めて継続していきます。f:id:BODYSTOICshizuoka:20210730150629j:image

猫が大好きなチュール食べてます。

f:id:BODYSTOICshizuoka:20210730150648j:image

ハクはチュール横取りされて切ない表情😂

この先も三人元気に育って行って欲しいです。

そのためにも家族でしっかり守っていきます💪

 

 

盛り上がりにかけるオリンピック

bodystoic-shizuoka.com

f:id:BODYSTOICshizuoka:20210729161426j:image

 Bodystoic静岡パーソナルトレーナーの片寄です。

オリンピックが開幕して、テレビを見る暇もなくクライアントのトレーニングを手伝っています。忙しいことは嬉しいことです。ですが、元選手としては8月3日からのトラック競技は観ておきたい所ではあります。筆者の競輪時代からの友達のドミトリエフ選手やグレッツァー選手などが参加するオリンピックですので観てどのくらい強いのかを知りたいです。

海外の選手は皆、監督やトレーナーをつけてトレーニングをします。その為メニューや食事などはチームとして完成しています。競輪選手は個人事業主になるので、トレーナーを付けようがどちらでも構いません。日本ではまだトレーナーの地位は低いです。勿論、知識や経験があってその競技に対してしっかりと教えられて強く出来るのかが大切になります。トレーナーを付けて弱くなるなどあり得ないことですからね。海外ではトレーナーやチームなどに所属してしっかりとメニューや食事管理などが徹底しています。

日本ではチームはあるけど全体的に見るトレーナーが多く、個人的に強くする事が難しいところがあります。本来のトレーナーの仕事はクライアントから依頼されてダイエットや筋肉をつけたり目標の体にする事が仕事になります。筆者でしたら競輪選手だったので自転車トレーニングなどが得意分野になりますが、筋トレも並行して行ってきたのでダイエットや筋力アップなども得意としています。

昨今の競技は技術も身体能力も上がってきて、ウエイトトレーニングをしない競技は存在しないくらいになってきました。ウエイトトレーニングをやる目的は、身体能力の向上、競技能力の向上、ベース作りなどが挙げられます。ベースがないのに重たい物を持てばそれは体を壊します。陸上などで足を速くしたいなら筋トレをして身体能力を上げればいいのです。走り込みも大切ですが、やはり筋肉をつけて大地を蹴る力も必要になります。

単に、筋肉をつけるのではなく、その競技に適したトレーニングをする事でタイムの更新やスピード強化、脚力向上などにつながります。体作りだけがトレーニングではありません。

レーニングをすれば嫌な事も忘れるし、考え方がポジティブになるし、仕事でうまくいかなかった事がうまく事が進んだりします。体を動かすことは自分に自信を取り戻す事にもなります。今まで着れなかったタンスの奥にしまってあった服なども着れたりします。そうやって自信をつけて筋トレにハマる方が多いです。どんな理由、旦那些細なことでもいいのでまずは体を動かすことから始めてみましょう!

 

 

ワンポイントアドバイス☝️

今日ホクがゲージから出て1日過ごしましたが、フク、ハク共に落ち着いた様子で過ごしてました。これからは3人でフク、ハクが躾を教えてホクが成長していくでしょう。

楽しみです🤩

f:id:BODYSTOICshizuoka:20210729161254j:image

2回目の焼津TV

bodystoic-shizuoka.com

f:id:BODYSTOICshizuoka:20210728180740j:image

 Bodystoic静岡パーソナルトレーナーの片寄です。

昨日、2回目の焼津TVのYouTube撮影の方に参加させて頂きました。ここ最近、メディアに出る機会が多くたくさんのご縁を頂いております。先日は世界仰天ニュースにローラー腹筋をやっている姿が流れました。あの動画もInstagramの方からディレクターから連絡があり、

『テレビで動画を使いたいので宜しいでしょうか?』

と連絡があり、全然構わない旨を伝えたところまさかの仰天ニュースで流れるとは思わなかったです。国民的スターでもあるあの中居君にも見られてました。

さて、余談はこのくらいで、2回目の焼津TVの撮影はBodystoic静岡の女性トレーナーのtamiトレーナーがメインで話してもらいました。元々、医療関係に勤めていたこともあって、体の事なら僕でもわからない事でも知っています。特に得意なのは内臓疾患の方で、浮腫が取れない女性がいたのですが、その浮腫の原因である『胆石』と言い当てたこともあります。その女性はまさかの胆石とは思わず内科でしっかりと治療をして体を治してくださいました。その前までは、接骨院などに行き治療をしていましたが、一向に良くなることはなくtamiトレーナーが『内科に受診して下さい』の一言で発覚しました。

一見、見落としがちな事でもトレーニング中に相手の事をしっかりみて話しているとわかることもあります。tamiトレーナーは人の話を聞くのがとても上手いです。それに営業職をしてたので相手からの話を吐き出すことにも長けています。筆者は毎回毎回、話すことは筋肉の話が多くなる事があります。笑

それでもクライアントに寄り添えるトレーナーを二人で目指しています。肩こりや腰痛などは筋トレをすれば必ず改善していきます。今まで悩まされ続けてきた事が体を動かす事で解消できれば良いですよね。それに加えて、体を動かすから理想の体になれたりもします。勿論、継続する事が大前提ですが、トレーニングは裏切りません。筋肉が裏切らないのと同じでトレーニングを継続していれば必ず結果はついてきます。体がなかなか変わらないから途中でやめれば元の体に戻ります。継続した先に目指す体があります。

夏は来てしまいましたが、これからは健康のため、自分自身のために体を鍛えてコロナに負けない体づくりを目指しましょう!

『健康はお金では買えません。』

自分自身を守る為にも今からでも遅く無いのでトレーニングを始めてみましょう!

f:id:BODYSTOICshizuoka:20210728181320j:image

昨日はMISIAなどにも楽曲提供している『清貴』さんの静岡市でのライブにお邪魔してきました。YouTube撮影をしていたので裏で見ていました!

最後に筆者の腹筋や力瘤などを披露させて頂きました!

この日は2本のYouTubeに出てしまいました笑

こんな事もあるんだね😂

f:id:BODYSTOICshizuoka:20210728181610j:image

f:id:BODYSTOICshizuoka:20210728191003p:image

イケメンの清貴さん😍

紳士的で優しくて歌が上手く筋トレまでしてる!

非の打ち所がない😱

筆者は音痴なゆえ歌は苦手ですが、筋トレなら負けないぞ💪 

あっ!歌のレッスン受けようかな?😂

毎日20時から清貴さんの『歌のレストラン』YouTubeで見てね!